ホーム


  • トーラス実験装置TOKASTAR-2を用いたプラズマ閉じ込めの高性能化

  • 直線型装置NUMBERによる基礎プラズマ研究と核融合への応用

  • 統合輸送コードTOTALによる原型炉シミュレーション

  • 名大に長期滞在中のFrank Cheng教授が研究室を訪問しました。

これまでのトピックス

地上の太陽を創ろう!ようこそ藤田研究室へ

核融合システムプラズマ閉じ込め基礎プラズマ
人工の太陽
国際熱核融合実験炉
(ITER)の模式図
実験室プラズマ
新しい環状プラズマ配位
(Tokastar概念)
自然の太陽
重力による巨大な
プラズマ・核融合炉

核融合エネルギーを実現するためのプラズマ・核融合研究を 推進しています。基礎プラズマ物理研究にも取り組んでいます。

研究室紹介

藤田研究室は2013年(平成25年)4月にスタートし、 プラズマ・核融合の研究・教育を行っています。

2005年4月より2012年3月まで山崎先生 (現名古屋大学名誉教授)により率いられた山崎研究室の研究を継承し、 核融合エネルギーシステム研究、プラズマ閉じ込め研究、 基礎プラズマ物理研究の3つの分野の研究を推進します。 さらに、大型トカマクJT-60(原子力機構那珂核融合研究所)で 実験してきた経験・実績を活かし、原子力機構との共同研究により、 JT-60実験データの解析や予測コードとの比較をこれまで以上に 活発に行っています。

2015年(平成27年)4月に岡本敦先生を准教授としてお迎えし、 研究の新たな展開を図っています。

研究等を通じて、自然科学の法則の理解に基づいて未知の現象の 解明や新たな技術の開発を行う応用力や、エネルギー問題を 初めとする様々な課題について問題意識を持って自分で学習し 考えることのできる基礎知識・能力を身に付けさせたいと思っています。 そのような学生の中から、長期間に亘る核融合エネルギー開発を 支える次の世代が育ってくれることを期待しています。

藤田隆明